カートをみる 定期配信学習へ マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

■お問い合わせはお気軽にお電話で!担当者携帯:080−3400−7301

プリザーブドフラワーに関するお問い合わせや一液くんについての技術的アドバイスも行います!

会員IDとパスの発行はこちら ←法人会員の場合は必須です

ガイガーカウンター購入しました

放射線について心配されるメールを頂き、お客様に心配を掛けない為にもガイガーカウンターが必要だと言う事で購入しました。まだまだ品薄で機能としては正確に測れて24時間データをPCに保存できる事、電源が電池でも使える事などを候補として探しましたが現在品切れとの回答が多かったです。その中で弊社で購入した物は、自分で組み立てる必要はありますが理想のものだったので購入しました。この機種も非常に人気があるようで入荷メールが夜の11時に来たので直ぐに購入手続きをしておよそ3分後には売り切れていました。丁度パソコンの前にいたので良いタイミングで購入出来ました。

ガイガーカウンター画像

写真は、購入時の物です。ご覧の通り半田付けが必要なパーツです。全部セットになっていますからコテと半田があれば作れます。

ガイガーカウンター画像

これが、心臓部のガイガーミュラー計数管です。丁寧に梱包されています。これだけで1万円以上するそうです。アメリカ製です。

ガイガーミュラー計測管

ケースから出した所です。計測部が雲母で出来ているそうで薄い膜になっています。

ガイガーカウンター

基盤に、トランス、抵抗を付けていきます。小さいパーツを付けて後はパパパット付けていきます

ガイガーカウンター

どのパーツも間違いがないように確実に付けていきます。1個でも間違うと動きませんし極性のあるパーツは慎重にしないと間違えてしまいます。半田の付け方の腕前もあると思いますが概ね1時間〜2時間あれば組み立ては十分出来ます。

ガイガーカウンター画像

このキットにはないのですが、自作でミュラー計測管の部分だけセパレートにしました。手持ちのLED懐中電灯を改造して測定部分を移植しました。これで様々なものを測定する事が出来ますので

ガイガーカウンター画像

ミュラー管の部分が窓際に来るように調節して作りました。これで本格的に測定が出来ます。一液くんを始め様々な物体に対して測定をしましたがバックグラウンドの数値と変わりませんでした。よって商品自体には放射性物質が付着している事はありません。改造は大変でしたが使いやすくなり良かったです。

計測結果=18.35CPMでした。問題のないレベルです。自然放射線量から比較するとおよそ1.3倍ですがまったく問題はありませんね。商品も測定しましたが数値が上がるような事はありませんでした。

これからも、数値などを報告いたします

ブレーカー交換!50A→30A

東京電力の電力不足問題で、弊社も契約アンペア―を下げました。今まで2台あった自動販売機を1台にして、今年の夏はエアコン使用禁止で乗り切ります。6月はブレーカーの交換が多かったようですが7月は一段落しているようです。ただ、7月も平日は混んでいるとの事で日曜日に頼みました。

ブレーカー

今まで支店が出来てからずっと50Aでした。20Aのダウンは同時に使える電力を下げる事になりますので待機電力を含めて見直しました。一番の消費は自動販売機ですが、人が居る時はエアコンが最も電力を使います。30Aでは、ピーク時には恐らくブレーカーが落ちますのでエアコン無しです。夜間は、水銀灯などを点灯させますが、駐車場の電気を1灯にしました。通路はLEDにしたい所ですがまだ高価なので電灯の量を半分にしました。プリザーブドフラワーも空調を効かせて保存していましたが、シリカゲルを大量に購入して湿気対策をしました。まだまだ細かい所はありますが節電に貢献しています

ブレーカー

このブレーカーが30Aです。これでめでたくアンペア―を下げる事が出来ました。基本料金も安くなりますので、一石二鳥?でしょうか?節電して電気代が楽しみです。皆さんも、もし節電して余力が生まれるならアンペアブレーカーの交換をお勧めします。ただ、大きな住宅や子供、お年寄りが居る家庭の場合は無理な節電でブレーカーが落ちてしまうようであれば避けた方が良いです。体力の無い人にとって夏は危険です。熱中症などになる位ならエアコンを付けた方が良いです。あくまで、今回はプリザーブドフラワー作成液を販売しているお店だからです。企業であれば節電努力が必要であると思ったからアンペア契約を下げました。皆様もこれ以外に出来る節電が御座いましたら各時行う事が大切です。一液くんも各方面において、チャリティーなど行って来ましたがまだまだ、これからの方が大切です継続して行う事です。

ページトップへ