カートをみる 定期配信学習へ マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

■お問い合わせはお気軽にお電話で!担当者携帯:080−3400−7301

プリザーブドフラワーに関するお問い合わせや一液くんについての技術的アドバイスも行います!

会員IDとパスの発行はこちら ←法人会員の場合は必須です

一液くんでは、浸ける事により液の浸透を行います。どんな花が出来るか?プリザーブドフラワーに加工可能な花としては、比較的花が固めの品種に限られています。
理由は、花に一液くんの保湿剤が浸透して、さらに空気中の水分が吸収されても花が自重に耐える事が必要になります。
ですので、比較的花弁の厚いもでも花自体が丈夫でないとプリザーブドフラワー加工しても花が持ちません。
わが国は、世界的に見ても非常に湿度の高い国です。島国でありますので仕方ありませんが、これらの条件から作成出来る花が限られてくるのです。
一液くんでは、作成可能としている品種は、最低でも1年間はその形を維持形成出来る事が条件です。
ただ、浸けてプリザーブドにするだけなら大概の花は作れます。ところが、外気に触れて空気中の水分の吸収、排出を繰り返すと花によっては、腰が折れてしますのです。
そのような結果になってしまう花は、プリザーブドフラワー液一液くんでは公式に出来たとは言えませんので出来ないとしています。
ですが、中にはしばらくの間だけ、色が着色出来て形が維持できれば良いとする方には具体的にアドバイスしていますが。
やはり、多くの方の願いは高価な胡蝶蘭やカトレアですね。
一液くんでは、カトレアは可能ですが胡蝶蘭、カサブランカなどのユリ科の花はまだ作成出来ていません。
もちろん、研究も進んでいますがまだまだ、出来たとは言えない状態です。


なぜ、これらのプリザーブドフラワーは出来ないの?

では、なぜ胡蝶蘭やカサブランカは作れないのでしょうか?
これらの花は非常に薄く、腰が無いので一液くんの保湿剤では重すぎるのです。重いと空気中の水分を吸収してしまうと自重が重くなり耐える事が出来ないのです。
一液くんで作成後、乾燥状態や密封を続ける事により形を維持出来る事が判っていますので、こんな理由なのです。
今後の研究開発が進めばいづれ作れるときが来ると思います
その時は、紹介しますのでたまには一液くん奮闘ブログなど見てチェックしてみてくださいね

どんな、プリザーブドフラワーが出来るの?

どんな、プリザーブドフラワーが出来るの?

ページトップへ