カートをみる 定期配信学習へ マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

■お問い合わせはお気軽にお電話で!担当者携帯:080−3400−7301

プリザーブドフラワーに関するお問い合わせや一液くんについての技術的アドバイスも行います!

会員IDとパスの発行はこちら ←法人会員の場合は必須です

作製ギャラリー

洋蘭&草花 一液くんでサクラを作りました。お花見をしている人を横目にサクラの花びら回収です。周りの人は????といった感じ、でもお構い無しです真夏のサクラ、真冬のサクラ、考えただけでワクワクしますねー(^^♪どんなアレンジを作ろうか今後が楽しみですよ!



同じ公園に八重のさくらもありました!欲しいけど採ってはいけません。庭に咲いて来るのを待ちますよー

見事なソメイヨシノですねーたくさんの人がサクラの下でお花見していましたよ。うらやましー

強風でブルーシートを敷いてもあまりサクラが回収できなかったので、地面の吹き溜まりにあったサクラを採取しました。多少、ゴミもありますが一度にたくさん取れます

少し花びらがよれていますが、一液くんを吸収すれば花びらも元に戻るはずですので作製にかかります

洋蘭&草花液を桜色の京の華化粧を濃い目にいれて着色します。少し濃いほうがいい状態で仕上がります

横から見た状態です。液は新品ですので重量をはかり入れました。入りきれないくらいたくさんありすね。2回目以降の液でしたら少なめにサクラを入れれば十分作れるはずです

一晩浸けたサクラです。かなり浸み込んでいますね。後は乾燥させれば出来上がります

乾燥したプリザーブドのさくらです!非常にいい状態で出来たいます。色は濃い目ですが本物と見分けが付きません。恐らく色がまったく同じサクラ色なら同じ場所に置いても判らないと思います。サクラは今だけの限定ですのでお早めに作ってくださいねー


一液くん作製ギャラリー

レザーファンの作り方です。レザーファンは重さが無いのに多くの表面積がある為に一液くんが多く必要です。そこで表面積をかせぐようにゴミ袋に入れて作製すれば液の節約になります。さらに袋に入れる事により葉もいい状態で作れます。
十分空気が抜けたら口を紐で縛ります。口の部分は何重にも紐でまいて液が漏れないようにしてください。この後は袋が破れないようにそっと箱などに入れて保管してください。
ゴミ袋を2重にして葉を入れて十分な一液くんを入れた後は十分空気を抜いてください。葉の間にも空気があるので葉を抑えながら空気を追い出していきます。少し時間を置いてから押すと空気が出てきます。

材料 一液くんバラ用橙色(オレンジ)1本、一液くん葉物用若草色1本、フェザー1袋、ワイヤー#22、#24、#26フローラルテープライトグリーン1巻き。
花、葉 バラの品種はミニ品種のミミエデン、葉はレザーファン

一液くんバラ用に浸けて乾燥させます。ある程度乾燥するまで待ちます。
ミミエデンの生花の状態です。とても可愛らしい花でたくさんの花びらがあります取り出して乾燥させる時です。1リットルで写真の分+10輪出来ましたよ!一液くんから出したばかりの状態です。ミミエデン特有の色も抜けていますね。
まだ少し濡れていますがワイヤリングには支障はありません。少し手に付きますが・・。まだ半乾きですが十分綺麗に仕上がっていますね。
ある程度乾いたらワイヤリングしていきます。ワイヤリングしたら一輪、一輪が引き立ちますねー!(^^)!
埋めるのに必要なフェザーもワイヤリングしてくださいね。いよいよ組み上げですよ。
ここでグリーンも巻いてください。グリーンは液から出して1週間程度は硬いので慎重に!!フェザーは大きさを揃えて巻いてください。バラのまわりにフェザーを巻いていきます。はじめが肝心しんちょうに。
さらにバラとフェザーを足していきます。くるくると円を作りますよー( ^)o(^ )順番に確り巻いてくださいね!
これで基本的なコロニアルが出来ましたねー後はこれを基準にバラとフェザーを足していきますよここまで巻けば次は葉物をいれまーす
さて次は下がる部分の作り方ですこのように巻いてください!
ここで葉物登場です。葉物は表情があるので大きさを考慮して入れてみてくださいね。#22番のワイヤーを3本束ねます。3本巻くときはゆっくりと巻いてください。
フローラルテープは折りたたんで切ってください。半切することにより綺麗に巻け尚且つ重量も軽く出来ます。葉、バラ、フェザーと順番に巻いていきます。

フローラルテープを半切します。
先端から自然な感じで作成していきます。バランスを見ながら花材を足して行きます。
本体に大きさを合わせながら目標のサイズにしていきます組み合わせて完成です!!
三角の形になるように組んでいきます。十分な大きさまで組んだら本体と組合わせます組んだ部分は段差が無いように組み込みます。
正面の写真です左側です向かって右側です


日販

作製過去画像

一液くんR作製過去画像

掲載が古くなった今後こちらへ移しますので過去の画像はこちらで見てください

掲載写真は全て一液くんで作製した植物です。クリックすると大きい画像が見れます。

十分乾燥した後も殆ど萎縮も無く大きいままですねー。缶コーヒーと比べれば一目瞭然ですね。ボタンも5月で無くなるのでお早めに!!
凄く大きなボタンの花です!大人の手のひらよりもずっと大きいサイズですよー洋蘭&草花液へ15日間浸けました。せっかく良い状態の花を手に入れたので長めに浸けてみましたよー。写真は15日浸けて出す写真です!是非クリックしてアップでご覧下さい
ボタンのような大きいプリザーブドは作製液では非常に作るのが困難でしたが、洋蘭&草花液の開発によりボタンのような薄い花びらで大きい花も簡単に作れるようになりました。まさに咲きたての花がそのままの形で残りますので感動と驚きがあります。私も多くのプリザーブドを作ってきましたが桜に続き牡丹はさらに驚いてしまいましたよ!牡丹は仕上げに京の華化粧、菜の花色を花芯に付ければリアルなプリザーブドの完成になります。このように浸けるだけで簡単に美しいプリザーブドが作製出来ますので是非、洋蘭&草花液をお試しください。
今、庭咲きの薔薇たちが咲き乱れています。
丹精込めて咲かせた薔薇たちを、プリザーブドフラワーにして
残したいのですが”一液くん”で加工できますか?・・・の
お問い合わせが沢山届いています。
大輪の薔薇は前回アップの薔薇と同じ庭咲き薔薇をなるべく生花に
近いイメージに仕上げてみました。
引き上げ直後に、黄色とピンクの色を筆で着色し、乾燥の過程で
写真のように、花びらの間に綿花をはさんで整形しました。
小さい2輪がオールドローズです。
”一液くん”薔薇用(無色)に”京の華化粧”桜色と純白色を
少〜し混ぜて、5日間浸して引き上げ直後に花の中心を少〜し色濃く
しました。
カーネーションは乾燥時に洗濯物干しにてこのように干す事によりカーネーション本来のギザギザした花びら一枚一枚が引き立ちます。これは、一液くんで作製して花びらが寝てしまったカーネーションにも再度物干しで干す事により復活いたします。一度作製したカーネーションは湿度の高い日に干してください。湿度を吸収して花びらが治りますので。
これが加工した花びらです!いかに作製したか詳しくは詳細をクリックしてくださいね!桜のプリザーブドは今しか作れませんので洋蘭&草花液をお持ちの方は是非作ってみてください。桜は花びらだけだったので短い日にちで作れますし、2回目以降の洋蘭&草花液でもOKです!京の華化粧桜色を少し濃い目で作っています。なんせ淡い色でつくると本物と見分けがまったくつきませんので!!詳しくはクリック一液くんで作製したカーネーションです。今まではカーネーションの作製は難しかったのですが、乾燥工程にて工夫をするといい状態で完成します。
■新発売の洋蘭&草花1リットル1本のみで作成した花たちです。何と、この1本で径25cmのラウンドブーケが出来上がりました。
とても経済的な作成液ですよ。着色は”京の華化粧”桜色・薄紅色・真紅色・草色・萌葱色を使用

さらに詳しい説明は洋蘭&草花ご注文に記載しています。
ココをクリックしてください
満開のソメイヨシノです!今が見ごろを迎えていますが散るのも早いです!そこで花びらをプリザーブドにしてみましたよ!!たくさんの方がお花見を楽しんでいました。
間もなく発売予定のデンファレ用”一液くん”(仮称)で試作の花たちをブーケ風にまとめてみました。1回目の液で沖縄産の白デンファレを作成(10日程度浸す)した後、残液の2回目・3回目の液でトルコ桔梗(八重咲き)・スイートピーを作成しました。花本来のやさしいフィーリングを残したまま完成しました。ふわふわの感触です今後発売予定の液(デンファレ用仮称)の液で作製した花たちです。胡蝶蘭、八重の梅、デンファレ、ミリオンたちです!ご期待あれ(^^)v
デンファレ用一液くんで作成デンファレの品種はプラナジェイドです!美しい仕上がりですデンファレ用一液くんで作製こちらは、無色で作製したものです!元々グリーンの花が純白のように白く真ん中の花弁だけが色が残っています!
デンファレプラナジェイド浸ける前の状態です詳しくはデンファレギャラリーをご覧ください↑カーネーションのご要望が多かったのでアップしました。クリックして大きな画像で見てください!
作製した液は、一液くん薔薇用菜の花色で作っています!鮮やかな黄色に染まっています
一液くんで作ったデンファレこれだけたくさんあると何を作ろうか迷ってしまいますね!今後ブーケに仕立ててアップしたいです!写真では36輪写っていますが、実際は一液くん薔薇用を4リットル使用して97輪作りました!大きい品種の為、重量があり100輪までもう少しでした是非、大輪のカーネーション作ってみてください。作製した元のカーネーションはギャラリーにありますので是非ギャラリーをご覧ください。
輸入物のバラで作りました。大輪のバラで直径6cmほどあります。迫力のバラです以前、作製したバラのプリザーブドとアスパラを使用hして組んでみました。いづれも11月頃に作成した花です。いい状態で箱に保管していました。
一液くんで作成したてのバラ薔薇の作製で色が変わるとのお問い合わせがありましたで写真で説明します。左は一液くんから出したての薔薇です。これを乾燥させますと右のような色になります。これは乾燥により花びら内部の海綿状細胞が白くなり染料の色がより鮮明に出る為です。一液くんで作成したバラ乾燥済みこの薔薇は左の薔薇を十分乾燥させた状態です。同じものですが乾燥すると染料の色が鮮明にでます。また、花の元々の色の作用などもありますので色が定着するには1ヶ月程掛かります。乾燥時に日光に当てると色が薄くなりますので日陰で乾燥させてください。
橙色で作製したカーネーションです。母の日が来るまで作りおきしています!皆さんもかいがでしょうか今後発売予定の液(デンファレ用仮称)の液で作製した花たちです。胡蝶蘭、八重の梅、デンファレ、ミリオンたちです!ご期待あれ(^^)v
間もなく発売予定のデンファレ用”一液くん”(仮称)で試作の花たちをブーケ風にまとめてみました。1回目の液で沖縄産の白デンファレを作成(10日程度浸す)した後、残液の2回目・3回目の液でトルコ桔梗(八重咲き)・スイートピーを作成しました。花本来のやさしいフィーリングを残したまま完成しました。ふわふわの感触です葉物用一液くんで作成したレザーファンです。この写真では100枚浸けてあります。お花屋さんならレザーファンは季節により大きく価格が変りますので安い時期に仕入れて作るといいですよ。詳しい作り方はここをクリック
一液くんで作成したカーネーションのご要望が多かったのでアップしました。クリックして大きな画像で見てください!一液くんで作成したカーネーション写真では36輪写っていますが、実際は一液くん薔薇用を4リットル使用して97輪作りました!大きい品種の為、重量があり100輪までもう少しでした
一液くんで作ったカーネーション作製した液は、一液くん薔薇用菜の花色で作っています!鮮やかな黄色に染まっています一液くんで作製したカーネーション是非、大輪のカーネーション作ってみてください。作製した元のカーネーションはギャラリーにありますので是非ギャラリーをご覧ください。
大きい薔薇です!檸檬色この花は一液くん薔薇用で作成しました深紅の薔薇です大きい品種必見!大き目のバラで作製しています。一液くんなら液が十分あればどんなに大きなバラも作れますよ
空色のローテローゼ?プリザーブド定番の青いバラもお手の物!このバラはローテローゼですローテローゼで作ったプリザーブドローテローゼをたくさん作りました
たくさんのローテローゼを作りました!いかがでしょうか?一液くんで作成したフランシスコカーネーションも出来ますよ!品種はフランシスコです!母の日には欠かせません
美しい空色カーネーション同じフランシスコで青いカーネーションです葉物用一液くんでカスミソウが出来ますよ
葉物用だけでもこのようなアレンジも作成可能ですいかがででしょうか葉物用一液くんでは、カラーも作れます
黄色いカラーを葉物用一液くんで作りましたカラーのアップです!クリックでよく見てくださいね
一液くんの仲間には、このような蘭類のカトレアも作製出来る液もあります。3月発売予定ですのでお楽しみに大き目のカトレアも出来ます
右は、生花のカトレア。左の赤いのはプリザーブドのカトレアです!!どうです素晴らしいできでしょう?画像をクリックして良く見てくださいこのカトレアは、花の一部の色を残すように淡い色で作りました。自然の色も残り大変美しいですね。
試作中のデンファレですこれはデンファレです。一液くん(デンファレ用)で作製できます!!

ページトップへ